HOME>info>葬儀費用を抑える方法などを事前にチェックしておこう

葬儀費用を抑える方法などを事前にチェックしておこう

数珠

生活保護を受けていた人の葬儀もある

生活保護を受給していた人が亡くなった場合、葬式費用をどうしようかで不安になることがあります。そのような人たちの葬儀を行うために、葬祭扶助制度というものがあり、自治体より葬儀費用が支給される制度を利用できるのです。

女性

葬儀費用を抑える方法

葬儀費用を安く抑えるためには、相場金額だけでプランを決定しないことです。近頃は会葬者を限定する家族葬や密葬が流行っていますが、香典収入が少なくなってしまうため、一般葬よりも費用が多くかかってしまうことがあるからです。

女性

葬儀社の評判は確認しておこう

葬儀を依頼する葬儀社を決める時には、葬儀社のウェブサイトから情報収集をしたり、葬儀社の担当者と話をしたりするでしょう。インターネットで葬儀社を利用したことがある人からの口コミをチェックできますので、評判も確認しておくと安心です。

葬儀の流れについて

お坊さん

喪主、遺族集合

葬儀開始される約1~2時間前に集合しておきます。その際に、葬儀担当者と葬儀についての最終確認を行っていくでしょう。併せて、会葬礼状と会葬御礼品を準備しておき、弔電、弔辞の名前や順番にミスがないかどうかもチェックしておきます。

受付開始と開式

葬儀の時間に合わせて会葬者がやってきますので、受付担当者は適切に案内を行います。その後、僧侶が入場してくると、司会者より葬儀の開式が宣言されます。

読経、弔辞、弔電の奉読

僧侶による読経が行います。その後弔電、弔辞が読み上げられて、再び僧侶による読経が行われている間に、喪主、遺族、会葬者の順番に焼香をすすめていきます。

閉式と出棺

僧侶による読経が終わったら、僧侶が退場するので見送りをします。その後、司会者が閉会を宣言しますので、出棺の準備に移ります。一般参列者は式場の外で出棺の見送りをするために待機し、遺族は棺とともに棺に付き添い、寝台車に載せます。